SCROLL
facebook

CATHEDRAL 
WEDDING

お問い合わせ
CONTACT US

結婚式に関するお問い合わせ、資料請求等、担当スタッフがお答えします。
どうぞお気軽にご相談ください。
※カトリック布池教会聖ヨゼフ館サイトへ移動します

結婚式について
ABOUT WEDDING CEREMONY

挙式の流れ

神の前で誓いを立てる教会式。カトリック布池教会 聖ペトロ・聖パウロ司教座大聖堂での結婚式当日は、カトリック儀式書にもとづき、以下の流れで執り行います。心のこもった挙式となるよう、専属のプランナーが事前におふたりをエスコートさせていただきます。安心して当日をお迎えください。

  1. 参列者入堂・着席
  2. 新郎・証人のご案内
  3. 司式司祭入堂
  4. 新婦入堂
  5. 司式者による開催の挨拶と祈り
  6. 聖書朗読 聖歌
  7. 説教
  8. 結婚意思の確認
  9. 結婚の誓約
  10. 結婚成立の宣言
  11. 指輪の祝福と贈呈 聖歌
  12. 婚姻証書の署名 聖歌
  13. 結婚の祝福の祈り
  14. 新郎新婦退堂

結婚講座

カトリック教会では、結婚式を希望するすべての方に結婚講座の受講をお願いしています。今まで別々に暮らしてきたお二人が、対話を通して、夫婦としてお互いを受け入れあい、苦楽を分かち合う夫婦生活の準備をしていただくのがこの講座のねらいです。 都合で布池教会の結婚講座に出席できない場合には通信講座をご利用頂けます。

費用
布池教会で挙式をなさる方は無料です。他のカトリック教会、他の式場で挙式予定の方は別途費用をご負担いただきます。
講座申込
聖ヨゼフ館プランナーにお申し付けください。
開催日時
原則として日曜日午後4時30分~5時30分まで
開催場所
布池教会大聖堂地下ホール
概要
  1. 1.回数…布池教会の結婚講座回数は四回です。
  2. 2.時間…各講の所要時間は1時間程度を予定してます。
  3. 3.内容…カップルによる作業と話し合い、ビデオ、講師の話。
    • 第1講 愛を育てる新婚時代と家庭経済
    • 第2講 豊かな対話を
    • 第3講 尊いいのちと自然な家族計画
    • 第4講 聖書が教える結婚の尊さ

結婚誓約更新式

結婚誓約更新式は、カトリック布池教会で挙式をなさったカップルが、結婚の誓約を確認し合う式です。祝福を受ける結婚の本当の意味を改めて深め合うことができるからこそ他では得られない深い感動が、お二人の胸に刻まれることでしょう。

BACK
BACK

大聖堂について
ABOUT THE CATHEDRAL

歴史

カトリック布池教会は名古屋教区司教座聖堂ともいい、愛知、岐阜、石川、福井、富山の教会を統括する中心教会として、1962年3月21日に建立されました。日曜日には塔の鐘が鳴り東海地方を代表するゴシック様式の聖堂ではミサが厳かに行われ、多くの人々が祈りを捧げる姿が見られます。この歴史ある荘厳な聖堂、そして司祭のもと執り行われる結婚式は結婚するお二人が神の愛に満たされ、さまざまな試練にあっても互いに愛のある生活を築いていけるようにというカトリック布池の強い願いが込められています。献堂以来2万組以上の夫婦の誕生を祝福して参りました。

1962年/中心教会として建立
1992年/『名古屋都市景観重要建築物』に認定
2012年/献堂50周年
2015年/文化庁より登録有形文化財の指定

建物について

ステンドグラス

ステンドグラスは、教会にとってとても重要な意味があります。識字率の低かった中世では、聖書の記述やキリスト教の教義などを伝える大事な手段になっていました。
朝は東側から、夕方は西側から美しい7色の光を落とし、荘厳な雰囲気を高めます。

パイプオルガン

神聖な堂内に響くのは、重厚なパイプオルガンの音色と聖歌隊の歌声。ドイツカッセルにあるウェルナー・ボッシュ社製、37種の音色を擁するパイプオルガンの美しい音色がお二人を祝福いたします。

30mのバージンロード

バージンロードは「家族と共に歩く道」を象徴し、その道を新婦が父親と一緒に歩きながら、新郎のいる新しい道へと歩き出すという意味合いが込められています。カトリック布池教会のバージンロードは約30mもあり、長く伸びる美しい姿が特長です。ゆっくりとお父様と歩いていただき一歩一歩これまでの出来事を思い返してください。これからを共にする新郎のもとへとゆっくりと。

教会の役割

毎日曜日の朝、ミサの始まりを告げる鐘とともに、多くの人々に親しまれています。
この聖堂は、約700人がミサにあずかることができますが、教区の行事やクリスマス、復活祭のときなどは、更に多くの人であふれます。高い天井はパイプオルガンや聖歌の音を美しく響かせ、ミサにあずかる喜びを新たにしてくれます。<内陣最奥部旧祭壇の下には>、ローマの聖地から運んできた土が埋められています。

BACK
BACK